スマートフォンで読むコミック

電子コミックの今後について

電子コミックの今後について

スマートフォンやタブレット端末の普及により、気軽にダウンロードして楽しめる電子コミックは多くの人に利用されるようになってきています。
電子コミックは、書籍に比べ価格が安く設定されており、置き場所にも困りません。
電車等の移動時間やちょっとした隙間時間に、場所を選ばず電子コミックを楽しめることができます。
また、電子コミックを販売している販売店では、一定の料金を払えば無料で何冊でも(決まった書籍の中からにはなりますが)読める、
読み放題などのサービスも行っており、手軽に楽しめるようになってきています。

 

しかしながら、昔ながらの「紙」であることに重きを置く人が多いのも事実です。
私も、その一人ですが、1枚ずつ紙をめくる感覚は、電子コミックでの画面上を指で触るのと、やはり違います。
また、紙をめくって読み込んでいった方が、個人的には記憶に残る、気がするのです。

 

自分が好きな本は「紙」の書籍として購入し、ちょっと気になる本は、空いた時間に電子コミックとして楽しむ・・・
という使い分けをしている人も多いのではないでしょうか。

 

電子コミックは、気軽に楽しめるコミックとして、これからどんどん普及しつづけると思いますが
だからといって、「紙」の書籍がなくなる・・・とは、今後も考えにくいと思います。

 

やはり紙という質感が好きな人は大勢います。電子デバイスは本のスペースなどを気にしないという面では物凄いメリットではありますが、やはり紙という昔ながらの質感を感じながら1枚1枚次のストーリーをわくわくしながらめくる楽しみというのは紙媒体でしかありえないと思っています。

 

電子コミックの場合は人差し指でスクロールするだけでOKですからね。

 

近いうちには漫画喫茶へ久しぶりに行ってみたくなりました。


ホーム RSS購読 サイトマップ